骨盤の歪みを矯正しながら健康的なダイエットを目指すブログです!


by pr7104

<   2011年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

骨盤の歪みからくる症状として多いのが腰痛です。

今回は、腰痛の原因となる骨盤の前傾と後傾について取り上げます。

骨盤の前後の傾きを自分で診断する方法と骨盤の傾きを矯正する仕方についてシンプルにわかりやすく紹介された動画です。

骨盤が前に傾いていると、下腹が出て反り腰の状態になり、腰痛の原因になります。

また、骨盤が後ろに傾いていると、背骨の反りが少なくなり、ペシャンコなお尻になる他、股関節も開きやすくO脚になりやすくなります。

この動画を見ながら骨盤の矯正の仕方を身につけ、少しでも症状を改善できるようにしましょう。

[PR]
by pr7104 | 2011-03-30 16:45 | 骨盤の歪みを自己診断
骨盤の回旋とは、骨盤のねじれのことをいいます。

骨盤の回旋も骨盤のゆがみの一種で、骨盤のゆがみによって神経が圧迫され、代謝機能も低下するために、腰痛や肩こり、便秘、冷え性、生理痛など様々な不快症状になって現れます。

骨盤のねじれの原因は、いろいろな要因がからんでいますが、各人の生活習慣上の癖によるところが大きいです。

例えば、いつもどちらかの脚を組む、重い荷物を持つ手が決まっている、座っている時や立っている時に無意識で左右不均等に体をねじったり傾けたりしている、スポーツで片方の手や足を中心に使っている、噛み癖が片側だけに偏っている、などです。

上半身と下半身をつなぐ唯一の筋肉「大腰筋」がなどで弱くなったため。

腰痛や冷え性、肩こりなどの症状を訴える女性を集めて筋肉を調べると、腹筋や背筋は健康な人たちと

また、腰の奥にある大腰筋という筋肉は、背骨と骨盤、下半身をつなぐ筋肉なのですが、運動不足や加齢によって弱くなると、骨盤は上半身の体重を支えきれなくなり、後傾したり左右にゆがみ始めてしまいます。

この動画を見ながら、まずは自分の骨盤のねじれを把握し、矯正する骨盤ケアの参考にしてみましょう。


[PR]
by pr7104 | 2011-03-27 10:59 | 骨盤の歪みを自己診断
骨盤の歪みにはいくつかの種類があり、自分の骨盤が今どのような状態にあるのか把握することが、骨盤矯正の第一歩となります。

骨盤の前後の傾きとは、骨盤が後ろに傾き、背骨の正常なS字カーブがまっすぐになってしまった状態と、 骨盤が前に傾きそり腰になってお腹が出てしまった状態の2つです。


骨盤が前後どちらに傾いているか自己診断するには、鏡に向かって横にまっすぐな姿勢で立ち、真横から骨盤を見たときに前に傾いているのが前傾、後ろに傾いているのが後傾です。

骨盤が前傾していると腰が反ってお尻がツンと上がったように見えます。陸上選手のようによく走る人に骨盤の前傾が多く見られます。

逆に、骨盤が後傾していると、腰の反りがなく平らで、お尻も垂れて見えます。デスクワークが多い人に骨盤の後傾が多く見られます。


骨盤に前後どちらかに傾きがあった場合に出る症状としては、猫背 そり腰など O脚 腰痛 肩こり 頭痛 首の痛みなどが特徴です。

骨盤の前後の傾きを自己矯正する方法としては、骨盤の動きが悪くならないように意識的に前後に傾け柔軟性をつけることをお勧めします。

以下の動画を見ながら一緒にやってみましょう。

[PR]
by pr7104 | 2011-03-25 08:38 | 骨盤の歪みを自己矯正
前回は、骨盤の歪みの中で最も多い、骨盤の開きによる弊害について説明しました。

自分の骨盤が、今どのような状態にあるのかを知ることが、骨盤矯正の第一歩になります。

骨盤の開き方も、人それぞれ異なるので、以下の動画の要領で自分の骨盤の開きをチェックしてみて下さい。

骨盤のゆがみをチェックする方法はいくつかありますが、その中のひとつ、股関節のふくらみで骨盤の開きを確認する方法です。



骨盤が通常より開き過ぎていると、内臓が下垂してポッコリお腹の原因になったり、骨盤周辺にムダ肉が付きやすくなるため体型が崩れ、太りやすい体型、特に下半身太りの原因になります。

また、体形の崩れより恐ろしいのが、尿漏れや子宮脱などになりやすくなることですので、自分の骨盤の状態を知り、1日でも早く骨盤を正しい位置に矯正することが大切です。
[PR]
by pr7104 | 2011-03-21 14:14 | 骨盤の歪みを自己診断

産後の骨盤ケアの必要性

骨盤の歪みの中で、特に女性に多いのが骨盤の開きで、骨盤ダイエットとも大きく関係しています。

女性の骨盤が開く原因には様々ありますが、もっとも大きな影響を与えるのが妊娠と出産です。

女性は妊娠すると、赤ちゃんを産む準備として産道と骨盤を広げる女性ホルモン(リラキシン)の分泌が盛んになります。

すると腰を支えている骨盤周りの靭帯がゆるみ、赤ちゃんの重さもあって骨盤が開き始めます。

しかし靱帯が緩むと、逆に腰や股関節の筋肉の緊張が強くなるため、それが原因で腰痛が引き起こしたりします。

また、妊娠すると体重が増えますが、それも腰痛を引き起こす要因の一つになります。

他にも骨盤が開くことが原因で起こる問題としては・・・

●体型が崩れて太りやすい体型になる。
●尿漏れや子宮脱などになりやすくなる。

産後の骨盤の開きは、自然に閉じるのを待っていてもひとりで閉じてくれません。

骨盤の開きを放っておくと、骨盤周りにお肉が付きやすくなり、大きなお尻の原因にもなってしまいます。

今、人気の骨盤ダイエットも、骨盤を正しい位置に戻し、開きすぎた骨盤の状態を改善することでムダ肉の付きにくい本来のあるべき体型を維持するという意味があるのです。

したがって産後の骨盤ケアは、女性にとって重要であり、骨盤を引き締める骨盤体操や産後骨盤矯正などが必要なのです。
[PR]
by pr7104 | 2011-03-21 13:04 | 産後の骨盤ケア

骨盤の歪みからくる症状

骨盤が歪んでいると、どんな不快な症状が出るのか、少し詳しく説明しますね。

まず、骨盤ってどんなふうに作られているのか知っておきましょう。

骨盤は、その中心にある「仙骨」とその下にある「尾骨」、仙骨に付いている「腸骨」、仙骨の上にある腰椎の5番で構成されています。

骨盤の中でも重要なのが、中心部の「仙骨」です。

仙骨に歪みがあると、仙骨の周りの骨も歪み、骨盤全体とそこに乗っている背骨も歪んでしまうのです。

では、骨盤の歪みは、どんな症状を引き起こすのでしょうか?


●「仙骨」は女性ホルモンと深い関わりがあって、仙骨が歪むと生理不順や不妊、肌荒れがひどくなったりします。

●「腰椎」は骨盤のすぐ上にあり、骨盤と連動しています。「腰椎」に歪みや傾きがあると、腰痛を引き起こす原因になります。

●骨盤が左右どちらかに傾いていると、大腸が正常に働くことができないため、便秘や下痢の症状が出やすくなります。

●骨盤の開きが通常より大きいと、腸骨が支えていた内臓が下がってポッコリお腹や大きなお尻、下半身太りの原因になります。また冷え性を引き起こすこともあります。
運動したり、食事制限をしてるのに下半身太りが解消しない場合は、骨盤が開きすぎていることが考えられます。

●骨盤が広がると顔の骨格にも影響し、顔が大きくなります。また、骨盤が歪むと顔の骨格まで歪むため、顔がむくんで見える場合があります。

●骨盤が開きすぎると大腿骨も開くため、足が外側に向きやすくなり、O脚やX脚、猫背など悪い姿勢の原因になります。

●逆に骨盤が適度に開くことなく閉じたままの状態だと、怒りっぽくなり、精神的にイライラしたり、眠れなくなって不眠になることもあります。

PR
サイクルツイスタースリムdeダイエット通販SHOP
[PR]
by pr7104 | 2011-03-09 11:46 | 骨盤の歪みからくる症状
骨盤のケアってとっても大切なんだぁ。。。

というのが分かったところで、貴女は、以下のような症状に悩んでたりしませんか?


・ポッコリお腹、大きなお尻など、下半身太りに悩んでる!

・便秘しやすい、あるいは下痢しやすい!

・顔のむくみが取れない!

・生理不順や肌荒れがひどい!

・不妊で赤ちゃんがなかなか授からない!

・腰痛がひどくて常に腰が苦しい、腰がまっすぐ伸びずに曲がった状態!

・すごい冷え性だ!

・O脚やX脚、猫背など全身の姿勢が良くない!

・気持が安定せず、怒りっぽかったり、不安感、イライラがつのる!

・寝付けない、眠れない、不眠などでぐっすり寝た気がしない!


これらの不快な症状は、骨盤の歪みが原因であることが多いんですよ。

次回は、骨盤の歪みからくる症状について詳しく説明しますね。
[PR]
by pr7104 | 2011-03-09 11:34 | 骨盤の歪みからくる症状

骨盤が歪むと太る?

骨盤に歪みがあると、身体のいろんなところに良くない影響が出るんですよね。

考えてみればすぐ分かるけど、骨盤は体の中心をなすもの!

身体全体の基礎であり、全身のバランスをつかさどる大事な部分です。

骨盤が歪んでいれば、当然そこに乗っかっている背骨も歪み、姿勢の悪さから身体のあちこちに嫌な症状が出てしまいます・・・。

骨盤の歪みを放っておくと、代謝が悪くなるから肥満の原因になりダイエットが思うように進みません。

また、腰痛や肩こり、猫背、O脚の原因にもなったりします。


骨盤の歪みには3つの種類があり、それぞれ出る症状も違います。

1)骨盤の左右の傾き~骨盤が左右に傾いた状態。

  判断の仕方:足の長さが左右違う、肩の左右の高さが違う、背骨が側湾するなど。
 
  症状:腰痛 肩こり 頭痛 首の痛み 足のむくみ 膝の痛み、坐骨神経痛 椎間板ヘルニア


2)骨盤の前後の傾き~骨盤が後傾すると、背骨の正常なS字カーブがまっすぐになり過ぎてしまいます。逆に骨盤が前傾すると、反り腰(腰の反りが強すぎる状態)になり腰痛を引き起こしたり、ポッコリお腹の原因になります。

  症状:猫背 反り腰 O脚 腰痛 肩こり 頭痛 首の痛みなど。

3)骨盤の左右のねじれ

  判断の仕方:足の長さや肩の高さが左右違う、背骨が側湾する
 
  症状:腰痛 肩こり 頭痛 首の痛み 足のむくみ 膝の痛み 坐骨神経痛 椎間板ヘルニアの助長など。

特に、骨盤は出産などの影響で女性のほうが歪みやすいので、意識して骨盤のケアをすることが大切です。
[PR]
by pr7104 | 2011-03-09 10:43 | 骨盤の歪み

骨盤とダイエットの関係

当ブログ「骨盤ダイエットでスッキリとシェイプアップ♪」へようこそ!

最近ピラティスにはまっている、管理人のヒサです♪ どうぞ、よろしくネ。

骨盤ダイエットって、よく聞くけど、骨盤とダイエットって直接何か関係あるの?

という方のために、ちょっとご説明しておきますね。

ダイエットは、簡単に言っちゃえば、以下のことをちゃんとやれば必ず痩せます!


1 自分の運動量に見合った食事量を摂る

  ほとんど運動してないのに食べ過ぎる⇒カロリーオーバー⇒太る

2 脂っこい食事、乳製品、肉類は極力我慢して、野菜類を多めに摂る

3 栄養バランスのとれた和食系の食事にする

4 ミネラルウォーターなどの水を、1日2L位、少量ずつこまめに飲む

5 筋トレをして筋肉を増やし、体脂肪が燃えやすい体にする

6 有酸素運動を20分以上続け、体脂肪を燃やす!


食事も気を付けているし、運動もしてるのに、なかなか痩せない!!

特に、下半身のお腹まわり、ポッコリお腹、大きなお尻、太ももなどが思うようにダイエットできない方は、その原因は骨盤にあるのかもしれませんよ!

骨盤の歪みとダイエットは、実は深いつながりがあるんです・・・

この続きは、次回お話しますね。


PR

下半身太りの悩みは骨盤ケアソファ Airly Shape(エアリーシェイプスマート)通販SHOPが解決!
[PR]
by pr7104 | 2011-03-09 00:16 | 骨盤ダイエット